牧神 子どもの本と文化を、子どもの未来のために―
大阪府立 国際児童文学館
交通案内 メールマガジン よくあるご質問
イベント
■〈記録〉 朗読&トーク 竹下景子さんと子どもの本を楽しむ



国際児童文学館では、女優の竹下景子さんをお迎えして、朗読とトーク「竹下景子さんと子どもの本を楽しむ 『本は一生の友だち』」を開催しました。

このイベントには、定員100名のところ、800名を超えるご応募をいただきました。
多数のご応募、誠にありがとうございました。

当日は、竹下さんに宮沢賢治の作品「よだかの星」「セロ弾きのゴーシュ」を朗読いただき、朗読にあわせて大阪センチュリー交響楽団による弦楽四重奏もお楽しみいただきました。

後半は、竹下さんのトークで、朗読をはじめられたきっかけや朗読に寄せる思い、自らの子ども時代のことから子育てと子どもの本に至るまで、貴重なお話をたっぷりとうかがうことができました。

以下、イベントの模様を少しご紹介いたします。


オープニング

 大阪センチュリー交響楽団による、
弦楽四重奏で開演

・モーツアルト“春”第1楽章 
・シューベルト“アヴェ・マリア”

●朗読 「よだかの星」



賢治“星めぐりの歌”


●朗読「セロ弾きのゴーシュ」


賢治“月夜のでんしんばしら”
シューマン“トロイメライ”  


●トーク「子どもの本とわたし」

お子さんと楽しんだ思い出の絵本『いないいないばあ』を示しながら、子どもの本について語る竹下景子さん

Q.児童文学館をはじめてご覧になっていかがですか?

竹下さん
今日、児童文学館の書庫に入り、蔵書のごく一部を拝見したわけですけれども、本体だけではなくて、帯なども含めて出版当時のままで保存されていることが、図書館にはないここだけの持っているいいところ、機能の一つということが、私にとっては目から鱗でした。子どもに関する本と言うことがひとつの大きな括りですけれども、それだけに留まらない、江戸末期に出ていた「於とぎばなし」から今の雑誌に至るまで本が網羅されていて、タイムスリップしたような感じでした。


子どもの頃に読んだ『キンダーブック』を
懐かしく手に取る竹下さん
子どもの本というのは、絵本も含めてまだまだ日本では価値が見出されたのは最近で、歴史が浅いと言うことをちひろ美術館でうかがったのですが、児童文学というものの価値は、これからむしろ分析されて、もっと大切さが知られていくべき分野だろうなと思います。そのときに、ここにある70万冊に及ぶ蔵書の価値というものが、ますます大事に、日本のというよりは、世界に向けての価値のあるものだと思います。


子どもがすくすく育っていくために、わたしたち大人は出来る限りの努力は惜しまないでおきたいと思うし、その大人が子どもらしくいられる場所というのもまた少ないわけですから、ぜひこの場所をみんなで大事にして、愛して、もっとたくさんの人たちが、この居心地のよさというか、ここにきて幸せな時間を過ごせるようになってほしいなと思います。
ぜひ、一緒にがんばりましょうね。


イベント後、大阪国際児童文学館を育てる会(主催者)の
畠山兆子・常任委員長より花束を受け取る竹下景子さん






 
竹下景子さんと子どもの本を楽しむ

『本は一生の友だち』


●朗 読 竹下景子 さん
宮沢賢治作「よだかの星」
       「セロひきのゴーシュ」より
●トーク 竹下景子 さん
「子どもの本とわたし」
(聞き手:遠藤 純(当館主任専門員))
●演 奏 弦楽四重奏:大阪センチュリー交響楽団


平成21年 1月31日(土)午後2時〜4時




●このイベントは終了いたしました。多数のご参加、誠にありがとうございました 




 大阪府立国際児童文学館では、「竹下景子さんと子どもの本を楽しむ
 〜本は一生の友だち〜 」と題して、朗読&トークの会を開催します。

 女優の竹下景子さんをお迎えして、子どもと本の出会いの大切さ、子どもの本の 魅力を語っていただくとともに、朗読を通して童話の楽しさを味わっていただける企画です。たくさんの方々のご応募をお待ちしています。


 併せて弦楽四重奏の生演奏も楽しめます



●日  時  平成21年1月31日(土)午後2時〜4時

●会  場   大阪府立国際児童文学館 講堂
          最寄駅:大阪モノレール「公園東口」駅下車西へ約700m
          詳細はこちら

●対  象   中学生以上の方

●定  員   100人(応募多数の場合は、抽選で決定します)

●参 加 費   1,000円(飲み物付き)

●応募締切  平成21年1月19日(月)必着

●申込方法  .ぅ鵐拭璽優奪函当館ホームページ「参加申込」バナーを
           クリックして、必要事項を入力してください。
         往復ハガキ:代表者のご住所・郵便番号・電話番号・
           参加者全員のお名前を記入のうえお申込みください。
           (1通のお申し込みで4人まで)

         ※募集は終了いたしました。

●申 込 先  〒565−0826 大阪府吹田市千里万博公園10番6号
          大阪府立国際児童文学館 T係

●主  催  財団法人 大阪国際児童文学館

●共  催  大阪国際児童文学館を育てる会

●問合せ先
         財団法人大阪国際児童文学館
         〒565-0826 吹田市千里万博公園10-6
         TEL 06-6876-8800/FAX06-6876-8686
         E-mail info@iiclo.or.jp    http://www.iiclo.or.jp/

●ポスター  チラシはこちら



本をさがす
蔵書検索画面を表示
HOME
利用案内
資料の検索
イベント
   子どものための催し
   講座・講演会
   小展示
   当館以外のイベント紹介
こどものページ
団体でのご利用
出版・研究
表彰・コンクール
読書活動推進事業
リンク
購入申込
参加申込
アンケート
寄贈のお願い

サイト内検索

赤字
:休館日
:当館イベントなど

>> 休館日カレンダー(年間)

開館時間 9:30〜17:00
閲覧複写請求 〜16:00

ほんナビきっず
本の海大冒険
こどもの本いま・むかし
ニッサン童話と絵本のグランプリ

 財団概要財団概要  システムメンテナンスシステムメンテナンス  個人情報保護個人情報保護方針

Copyright (C) 財団法人大阪国際児童文学館 All rights reserved. 
 採用情報採用情報  お問い合わせお問い合わせ
No reproduction or republication without written permission.