子どもの本と文化を、子どもの未来のために―
  

大阪国際児童文学振興財団
交通案内 メールマガジン よくあるご質問 サイトマップ
7/1(土)開催「昭和期の児童映像文化と幻灯」はこちら
7/29(土)30(日)開催「ジョン・キラカさん講演会、ワークショップ」はこちら
講座・講演会
■講座・アメリカと日本の子どもの本  ※ 定員になりましたので申込受付は終了しました。
連続講座
アメリカと日本の子どもの本
― その関係をさぐる

   第二次世界大戦以後、アメリカ合衆国との関係は日本社会全体に大きな影響を与え続けてきました。
   子どもの本の世界も例外ではありません。
   この講座では、日本がアメリカの子どもの本をいかに受け入れてきたのかを3つの観点で考えることに
   よって、子どもの本の本質に迫ります。

        ● 日 時 : 平成29年5月27日(土)、6月24日(土)、7月22日(土)
              14:00~16:00


        ● 会 場 : 大阪府立中央図書館 2階大会議室

        ● 講 師 : 三宅 興子 さん (当財団特別顧問、梅花女子大学名誉教授)

        ● 対 象 : 子どもの本に関心のある方ならどなたでも

        ● 定 員 : 各回50人 (申し込み先着順)

        ● 参加費: 各回一人1000円

        ● 主 催 : 一般財団法人 大阪国際児童文学振興財団

         子どもゆめ基金助成活動

        ● 申込方法 : 当財団HP「参加申込」から、 または 電話、ファックス で、
           受講希望の回、名前(ふりがな)、 住所、 電話番号、 メールアドレス をお知らせください。
           ◎ TEL 06-6744-0581  ◎ FAX 06-6744-0582  
        ※ 定員になりましたので申込受付は終了しました。
◆ 第1回 5月27日(土) 14:00~16:00
 アメリカの児童書の歴史:アメリカから贈られた子どもの本から考える
  1949年にアメリカから広島に寄贈された「ベル・コレクション」には、珍しいアメリカの児童書が数多く
  あります。その内容を紹介しながらの講座です。
  *参考テキスト「ベル・コレクション解題目録」500円
◆ 第2回 6月24日(土) 14:00~16:00
 アメリカから日本へ絵本がやってきた
 :「岩波の子どもの本」と「世界傑作絵本シリーズ」

  今でも読み継がれている「岩波の子どもの本」(岩波書店)、「世界傑作絵本シリーズ」(福音館書店)を
  中心に、アメリカの絵本が日本に受け入れてきた過程で生じたさまざまな問題を取り上げて、現在の
  翻訳絵本状況を考えます。
◆ 第3回 7月22日(土) 14:00~16:00
 『ちびくろサンボ』がたどってきた道:イギリス・アメリカ・日本
  イギリスの絵本『ちびくろサンボ』は、アメリカでイラストが変えられ、アメリカの作品となって日本に紹介
  され、後に絶版となり、また再刊されました。絵本『ちびくろサンボ』の評価の変遷について考えます。
 ◇◆◇ 三 宅 興 子  Miyake Okiko ◇◆◇

 児童文学研究者、絵本研究者。当財団特別顧問、梅花女子大学名誉教授。大阪生まれ。
 日本イギリス児童文学会会長、絵本学会会長、日本児童文学学会理事などを歴任。
 2010年4月~2015年6月まで大阪国際児童文学振興財団理事長を務める。

 [主な著書]
 ・『イギリス児童文学論』 翰林書房 1993年
 ・『イギリス絵本論』 翰林書房 1994年
 ・『イギリスの絵本の歴史』 岩崎美術社 1996年
 ・『ロバート・ウェストール』 KTC中央出版 現代英米児童文学評伝叢書 2008年
  等多数
 
 
チラシ クリックすると拡大します(PDF)

 
■昭和期の児童映像文化と幻灯
昭和期の児童映像文化と幻灯  
 (スライド)  
   ◆ 講 師 : 鷲谷 花(大阪国際児童文学振興財団特別専門員、
                 早稲田大学演劇博物館招聘研究員)


18世紀以前に遡る長い歴史をもつ静止画映写メディア「幻灯」は、昭和戦中期に従来のガラススライドからフィルムへと媒体を切り替えて復興し、戦後にかけて発展を続けました。

まだ映画もモノクロ作品が主だった1940年代から1950年代、映画や紙芝居にはない鮮明なカラー映像を大画面で見せることが可能な「幻灯」は児童向け映像メディアとして、教育、宣伝、娯楽、社会運動などに幅広く活用されました。

学習研究社や小西六寫眞工業(現コニカミノルタ)などの大手メーカーが、長谷川町子や清水崑、せなけいこ等、後に他分野で活躍する作家を作画者として起用し豪華なフルカラーの「幻灯」を製作・販売する一方、個人や社会運動団体による教育・文化・福祉運動として幻灯自主製作・自主上映活動が盛んに行われました。

今回は、1950年代の「幻灯」を幻灯機で映写、併せて「昭和期の児童映像文化としての幻灯」を講師がレクチャーします。

        ● 日 時 : 平成29年7月1日(土) 14:00~16:00

        ● 場 所 : 大阪府立中央図書館 2階多目的室

        ● 対 象 : 大人

        ● 定 員 : 80人(事前申し込み不要、当日先着順)

        ● 参加費: 無料

        ● 主 催 : 日本児童文学学会 関西例会
        ● 主 催 : 一般財団法人 大阪国際児童文学振興財団

      ※13:30から日本児童文学学会関西例会を開始し、児童文学に関する研究発表を行います。
        (参加自由)

 ≪上映作品≫(予定)
  ◇ 『月夜のまいご』 製作年不詳
    製作・配給:小西六寫眞工業株式会社
    原作・画:長谷川町子

  ◇ 『野ばら』 1952年
    製作:人形劇団プーク
    原作:小川未明  脚色:高橋克雄  演出:川尻泰司
    美術:田畑精一、石井マリ子  撮影:佐竹晴雄  制作:厚木たか
    配給:光影社

  ◇ 『ぼくのかあちゃん』 1954年
    製作:東京大学セツルメント川崎こども会
    作画:加古里子
    配給:日本幻灯文化社

  ◇ 『わっしょい わっしょい ぶんぶんぶん』 1954年
    製作:東京大学セツルメント川崎こども会
    作画:加古里子
    配給:日本幻灯文化社

チラシ
クリックすると拡大します
(PDF) 

 
ジョン・キラカさん講演会、ワークショップ
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
タンザニアの絵本作家
キラカさんがやってくる!

国際講演会と小学生向けワークショップ
 
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
① 国際講演会
 「タンザニアの絵本作家 ジョン・キラカ自作を語る-バオバブの木の下で」

   ◇ 日 時 : 平成29年7月29日(土) 13:00~16:00
   ◇ 会 場 : 大阪府立中央図書館 2階 大会議室
   ◇ 講 師 : ジョン・キラカ
   ◇ 通 訳 : 松下宏子(関西大学非常勤講師他)
   ◇ 対 象 : 中学生以上
   ◇ 定 員 : 80人(申し込み先着順)
   ◇ 参加費 : 1000円
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
②ワークショップ
 「タンザニアの絵本作家 ジョン・キラカさんと絵本をつくろう」

   ◇ 日 時 : 平成29年7月30日(日) 13:00~16:00
   ◇ 会 場 : 大阪府立中央図書館 2階 大会議室
   ◇ 講 師 : ジョン・キラカ
   ◇ 対 象 : 小学生
   ◇ 定 員 : 30人(申し込み先着順)
   ◇ 参加費 : 無料
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
[申し込み方法]
 ◎ 申込受付期間 : 7月1日(土)~ 7月28日(金)必着 ※ 定員に達し次第締め切り
  ・ 大阪府立中央図書館 国際児童文学館へ来館 (9:00~17:00)
  ・ FAX (06-6745-0262)
  ・ インターネット 詳細は こちら (外部リンク)
     上記いずれかの方法で、 イベント名、 名前(ふりがな)、学年(ワークショップの場合)、
     電話番号、 FAX番号 を記入の上、下記までお申し込みください。

     〈 問合せ・申込先 〉
      大阪府立中央図書館 国際児童文学館
       〒577-0011 東大阪市荒本北1-2-1
       TEL 06-6745-0170(代表)  FAX 06-6745-0262
       URL http://www.library.pref.osaka.jp/site/jibunkan/

   ◆ 主 催 : 一般財団法人 大阪国際児童文学振興財団
   ◆ 主 催 : 大阪府立中央図書館
   ◆ 協 賛 : サントリーホールディングス(株) 、 パナソニック(株) 、
   ◆ 協 賛 : (株)富士通システムズアプリケーション&サポート 、 ムサシ・アイ・テクノ(株)
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

◇◆◇ ジョン・キラカ  John Kilaka ◇◆◇

絵本作家、画家、ストーリーテラー。
1966年タンザニア南西部に生まれる。
農業、狩猟、漁業に従事した後、画家の仲間とともに「ヴィレッジ・ミュージアム」という工房でティンガティンガという手法で芸術活動をしている。
初めての絵本『チンパンジーとさかなどろぼう』(若林ひとみ/訳 岩波書店 2004年6月)をスイスの出版社から刊行。『いちばんのなかよし』(さくまゆみこ/訳 アートン 2006年7月)で2005年ボローニャ国際児童図書展ニューホライズン部門でラガッツィ賞を受賞。
『ごちそうの木』(さくまゆみこ/訳 西村書店)が、2017年7月に出版される予定。
   ← チラシ両面(PDF)
  クリックすると拡大します
 
 
   
 Gute Freunde
John Kilaka/by Baobab Books,2004
(邦訳『いちばんのなかよし』) 
『チンパンジーとさかなどろぼう』
ジョン・キラカ/作
若林ひとみ/訳
岩波書店 2004年6月  
『ごちそうの木』
ジョン・キラカ/作
さくまゆみこ/訳
西村書店 2017年7月  
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
 
大阪府立中央図書館 国際児童文学館 資料小展示 
マンガを楽しもう!

ウェブサイト「マンガのひみつ大冒険!」公開記念

   「マンガを楽しもう!」をテーマに、当財団が企画作成したウェブサイト「マンガのひみつ大冒険!
  おすすめマンガがいっぱい!!」に掲載のマンガの中から国際児童文学館所蔵作品を展示します。
  サイト内で紹介している作品の一部は、国際児童文学館内で読んでいただくことができます。

        ● 期 間 : 平成29年4月1日(土)~6月28日(水)

        ● 会 場 : 大阪府立中央図書館 国際児童文学館 小展示コーナー

        ● 開館時間 : 9:00~17:00

        ● 休館日 : 月曜日、第2木曜日、6月6日(月)~6月9日(金)

        ● 入館料: 無料

        ● 共 催 : 大阪府立中央図書館 国際児童文学館
        ● 共 催 : 一般財団法人 大阪国際児童文学振興財団

  ※ 展示内容、詳細はこちら
    (大阪府立中央図書館 国際児童文学館のHP)

 ≪イベント≫

  ◆ おはなし会&ギャラリートーク(子ども向け)
    …申し込み不要…
    開催日時 : 5月31日(水)  15:30~16:30
    集合場所 : 大阪府立中央図書館 こども資料室 おはなしのへや

 ◎ 「マンガのひみつ大冒険!」 http://manga.iiclo.jp/


チラシ
クリックすると拡大します
(PDF) 
 

 
講座・講演会・シンポジウム等の企画相談に応じます


 大阪国際児童文学振興財団では、児童文学・児童文化関連の各種講座や講演会、シンポジウム等のイベント
 企画のご相談に応じています。

 作家や画家、研究者など、幅広い人的ネットワークを生かし、テーマや内容に添った講師をご紹介します。
 企画段階からご相談ください。


 ※おもな講座や講演会
  ・子どもの読書活動に関わる指導者養成の講座
  ・保護者や、子どもの本に関わる方への講演会等
  ・子どもの本の魅力を伝える講座等

  教員や保育士の研修、保護者のPTA研修などの講師をお引き受けします。

 
これまでの講演会等の記録

講座・講演会名
開催日
 展示・イベント
 「 世界のおいしい絵本展
 2016年7月23日(土)~
 2016年8月7日(日)
 街頭紙芝居実演・ワークショップ
 「 むかしの紙芝居を楽しもう!
 2016年7月20日(水)
 国際フォーラム
 「 いま、アメリカの子どもの本を考える

    講師 : レナード・S・マーカス 、 三宅 興子
 2016年5月22日(日)
 国際講演会
 「 イギリスの児童文学作家 エミリー・グラヴェット -絵に生きる
 2016年2月27日(土)
 街頭紙芝居実演・講演会
 「 関西マンガ界の伝説 酒井七馬とその時代
 2015年12月12日(土)
 展示・イベント
 「 世界の国からこんにちは-70年万博と世界の絵本展
 2015年7月11日(土)~
 2015年7月26日(日)
 「 紹介と解説 2014年に出版された子どもの本  2015年5月15日(金)~17日(日)
 フォーラム
 「 児童文学とは何かを問い続けて
          -児童文学者 鳥越 信の仕事を顧みる
 2015年1月31日(土)
 実演・講演会
 「 懐かしの街頭紙芝居~「少年ローン・レンジャー」とその時代~
 2015年1月25日(日)
 国際講演会
 「 ドイツの児童文学作家 クラウス・コルドン講演会
          わたしの物語作法-「古き」ベルリンの若者たちの今
 2014年11月30日(日)
 展示・イベント
 「 子どもの本の展示とイベント:森と友だちになろう!
 2014年8月30日(土)~
 2014年9月15日(月・祝)
 「 おはなしボランティア ステップアップ講座 (全5回)  2014年5月23日(金)~
 2014年7月4日(金)
 国際講演会
 「 絵本作家 ローレン・チャイルド 自作を語る
                 -あたしのなやみは無限大-
 2014年3月15日(土)
 講演会・シンポジウム
 「 巌谷小波研究の現在
   -没後80年、児童文学研究の可能性を考える
 2013年11月10日(日)
 展示・イベント
 「 夏休み大特集:子どもの本に見る科学の不思議!
 2013年7月20日(土)~
 2013年8月4日(日) 
 国際講演会
 「 -絵は物語る-絵本作家デイヴィッド・ウィーズナーの世界
 2013年3月24日(日) 
 展示・イベント
 「万博のころ子どもだった・・・in EXPO’70パビリオン」
 2012年11月1日(木)~
 2012年11月29日(木) 
 JBBY国際講演会
 「Power of Imagination ― 想像から生まれる力

 
国際アンデルセン賞作家 デイヴィッド・アーモンド自身を語る
 2012年11月3日(土・祝) 
 フォーラム
 「子どもの文学と文化を問い続けて-
     児童文学者 中川正文の仕事を顧みる」
 2012年9月29日(土)
 講演会
 「オーストラリアの絵本の魅力 ショーン・タン自作を語る
   ことばを超えて -絵が語る物語の力」
 2011年10月15日(土)
 アジアの絵本シンポジウム 
 「絵本は国境を越える 中国語圏の絵本の現在」
 2011年3月13日(日)
 読書会
 「若おかみシリーズ人気の秘密をさぐる
   - 著者 令丈ヒロ子さんをお迎えして -」
 2011年2月5日(土)
 三木卓さん講演会
 「児童文学とともに」
 2009年12月23日(水)
 大阪府子ども読書活動推進事業
 「子どもの読書活動を考える」
 2009年12月17日(木)

 アジアの絵本シンポジウム
 アジアの絵本の世界へようこそ  中国と日本の絵本

 2009年11月29日(日)

 第12回グリム賞記念講演会
 楽園の回復をめざして-日本児童文学を中心に-


 2009年11月15日(日)
 
 シンポジウム
 「アジアの絵本の世界へようこそ 中国と日本の絵本」プレ研究会

 中国と日本の絵本

 2009年10月17日(土)

 講演会「赤ちゃんに絵本をとどける」
 
 2009年10月2日(金)
 
 講座 児童書編集者に本作りを聞く Part3
 一冊の本ができるまで

 2009年9月26日(土)

 池内紀さん講演会
 ふたりの読み手~子どもの「私」と、いまの「私」~


 2009年8月8日(土)

 2009年度ボランティア支援連続講座
 子どもと絵本をよむ


 2009年5月28日(木)~
 7月9日(木)の内5回
 
 解説と紹介 2008年に出版された子どもの本

 2009年4月27(月)~
     4月29(水・祝)
 アジアの絵本シンポジウム
 アジアの絵本の世界へようこそ インドと日本の絵本
 2009年3月1日(日)
 竹下景子さんと子どもの本を楽しむ   2009年1月31日(土)
 講座 インドと日本の絵本  2009年1月24日(土)
 『鬼太郎』物語の誕生と成長
 ~民話、紙芝居、マンガの世界から~
 2008年9月6日(土)
 ニッサン童話と絵本のグランプリ25周年記念創作オープンセミナー
  ~楽しい童話と絵本を生み出すために
 2008年7月16日
      8月2日


                                                                 ▲トップへ
    

HOME
当財団について
資料の検索
イベント
   子どものための催し
   講座・講演会

   全国のイベント紹介
研究・出版
表彰・コンクール
読書活動推進事業
リンク


ほんナビきっず

寄付金のお願い
寄贈のお願い
参加申込

購入申込
アンケート

サイト内検索

本の海大冒険

子どもの本いま・むかし

おはなし会データベース

ニッサン童話と絵本のグランプリ

日本の子どもの本100選



 一般財団法人
 大阪国際児童文学振興財団

 〒577-0011
  東大阪市荒本北1-2-1
  大阪府立中央図書館内
   TEL : 06-6744-0581
   FAX : 06-6744-0582
   メールアドレス


 財団概要財団概要  個人情報保護個人情報保護方針  採用情報採用情報  お問い合わせお問い合わせ

Copyright (C) 一般財団法人大阪国際児童文学振興財団 All rights reserved. 
No reproduction or republication without written permission.